地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ケアンズ・星空観測ツアーの選び方

暗い場所だと星も一層くっきり明るく見えます。

オーストラリアでは南十字星をはじめ、ほぼ日本では見られない南半球の星々や星座を見ることができます。

日本から直行便で気軽に行けるケアンズの近郊には年間晴天率300日を誇るエリアがあり、視界も広くスターウォッチングにぴったり。南十字星の探し方や星空観察のおすすめツアーなどの情報をご紹介します。

ほぼ日本では見られない南十字星(サザンクロス)とは?

南半球の南の夜空に十字形に並んだ4つの星、それが南十字星です。英語ではサザンクロス(Southern Cross)と呼ばれ、大航海時代には正確な南方向を知るための指標とされていました。北半球での北極星のような存在です。

ちなみに、南半球では北極星を見ることはできません。ちょっと不思議な感じですね! 南十字星は1等星が2つ入っていますが、小さな星座なので意外と見つけにくいことも。すぐ近くに、南十字星によく似た「ニセ十字」と呼ばれる星の集まりもあるので要注意。

南十字星の見つけ方は、まず南の方角を探すことから。スマートフォンのコンパス機能を使うと便利です。南の空には天の川が流れています。無数の星の間にある、ちょっと大きな黒い穴のような部分を探してください。これは「石炭袋」(Coal Sack)と呼ばれる暗黒星雲で、南十字星を探す目印。そのすぐ右上に輝くのが南十字星です。左側と下の星が1等星で明るく輝いています。

下の写真にも、ちゃんと南十字星が写っています。現地に行った時のための予習も兼ねて、どこにあるか探してみてください!

南十字星、どこにあるかわかりますか?(答えは文末にあります)

ケアンズ・星空観測ツアーの種類

星空観察に欠かせない条件がビーチや平原など、視界が広くて周囲に高い建物がないこと。周囲が明るいと星が見えにくいので、なるべく明かりが少なく暗い場所であることも大事です。そしてもちろん、空に雲がなく晴れていること。街の中心部だと厳しいですが、ケアンズからちょっと郊外に足を延ばせば、星空観察が楽しめるスポットが点在しています。 ただし夜にレンタカーを走らせて暗い場所に向かうのは不安も大きいですよね。そういう時にぜひ利用したいのがケアンズ発の星空観察ツアーです。

(1)ケアンズ郊外で観るツアー
ケアンズ市内の主要ホテルから、星がよく見えるサトウキビ畑やビーチサイドなど、郊外の星空観察スポットへの送迎がついている安心のツアー。日本語ガイドによる星空解説で、南半球の星空をじっくり楽しめます。

(2)年間晴天率300日以上のグラネット渓谷で観るツアー
ケアンズから西へ約60km、内陸部に位置するグラネット渓谷は年間の晴天率300日以上を誇る広々とした乾燥地帯。すぐそばのマリーバでは年間を通じて熱気球ツアーを楽しむことができ、星空観察にも理想的なロケーション。天文学者が天体観測に訪れる場所です。

このグラネット渓谷に行く星空観察ツアーもあります。日本語ガイド付きで満天の星空を観察できるのはもちろん、このエリアに生息するロックワラビーへの餌付けにも挑戦できるなど、夜の平原でワイルドな自然体験が楽しめます。

いかがでしたか。現地では星空観察ツアーは数多く出ておりますのでケアンズに訪れる際にはぜひご検討くださいね。JTBでもケアンズ郊外に行く星空観察ツアー、グラネット渓谷に行く星空観察ツアーいずれもご用意があります。夕食付きか夕食なしかも選べます。ぜひプランのご参考にしてください!

真ん中より左寄り、南十字星はほぼ寝た角度で左下に「石炭袋」が見えます。

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB