地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

シドニーのフィッシュマーケットの行き方楽しみ方

JTBオーストラリア
アンダーソン美都穂

シドニー滞在中、新鮮な魚介類は必ず食べたいグルメのひとつです。レストランではたくさんのシーフードを食べることができますが、カジュアルにたっぷりと新鮮なシーフードを楽しむなら、シドニー・フィッシュマーケットは外せません。

シドニー・フィッシュマーケット(魚市場)は、ダーリングハーバー近くのピアモント(Pyrmont)にあります。南半球最大規模を誇り、世界で3番目に大きな魚市場です。毎日約50トン、100種類以上の魚介類がセリにかけられ、地元の人々の食卓はもちろん、レストランのテーブルに並びます。

シドニー・フィッシュ・マーケットへの行き方

フィッシュマーケットへ行くには、路面電車のライトレールを利用すると便利です。セントラル・ステーション駅からは約14分で、最寄りのフィッシュマーケット駅に到着します。駅からは道路を渡って徒歩3分でマーケットに到着です。また、シティ(CBD)からはバス路線501番、443番でフィッシュマーケットにアクセスできます。

シドニー・フィッシュマーケットは、プロによるセリなどが行われる業務用エリアと、地元の人々や観光客がシーフードを楽しめる一般向けエリアに分かれています。一般向けエリアにあるリテール・アーケードには、いくつもの店舗に新鮮な魚介類がずらりと並びます。エビ、ロブスター、カニ、牡蠣、ホタテ、サーモンやマグロなど、さまざまな種類の魚介類を、おサシミなどの生で、ボイルして、グリルして、あるいはフライにしてなど好みの調理方法で楽しめます。

生の魚介類のほかにも、オイスターバーやカフェ、スシバー、ワインショップ、ピザ屋、果物店、雑貨店、ギフトショップも。ほとんどの店舗は朝7時頃から16時までのオープン。週末(金~日曜)は17時まで営業しています(一部は16時まで)。ただし、「フィッシャーマンズワーフ・シーフードレストラン」は23時まで営業していますので、夕食としても楽しめます。

牡蠣にロブスターにお寿司まで、フィッシュマーケットで楽しめるグルメ

シドニー・フィッシュマーケットは、プロによるセリなどが行われる業務用エリアと、地元の人々や観光客がシーフードを楽しめる一般向けエリアに分かれています。一般向けエリアにあるリテール・アーケードには、いくつもの店舗に新鮮な魚介類がずらりと並びます。エビ、ロブスター、カニ、牡蠣、ホタテ、サーモンやマグロなど、さまざまな種類の魚介類を、おサシミなどの生で、ボイルして、グリルして、あるいはフライにしてなど好みの調理方法で楽しめます。

生の魚介類のほかにも、オイスターバーやカフェ、スシバー、ワインショップ、ピザ屋、果物店、雑貨店、ギフトショップも。ほとんどの店舗は朝7時頃から16時までのオープン。週末(金~日曜)は17時まで営業しています(一部は16時まで)。ただし、「フィッシャーマンズワーフ・シーフードレストラン」は23時まで営業していますので、夕食としても楽しめます。

座席を確保して好みのシーフードを買いに行こう

ランチ時間は大変混雑していますので、まずはテーブルを確保しましょう。シーティングエリアは、屋外のボードウォークや芝生エリア、各店舗のすぐ側にもフードコートのようにテーブル&イスがあります。テーブルが確保できたら、シーフードを買いに行きましょう。

牡蠣が苦手でなければ、生牡蠣は絶対おすすめの1品です。サーモンやマグロのサシミ、ボイルしたロブスターやエビも売っています。白身魚バラマンディのグリル、オーストラリアスタイルのスシもありますよ。

3種類ぐらいのシーフードの盛り合わせもありますので、迷ったらこれにするのもいいかも。お気に入りのワインやチーズ、パンなども買って、ボードウォークのシーティングエリアでヨットを見ながらおしゃべりしつつ、シーフードを楽しむのも、シドニーの気持ちのいい午後の過ごし方です。

100種以上の魚類、セリを見に行くフィッシュマーケットの舞台裏ツアーも

地元に住むオージーにも人気のフィッシュマーケット。滞在中に1度は、その日に水揚げされたシーフードを存分に、そしてオージースタイルでカジュアルに楽しみませんか。JTBでは、フィッシュマーケットを探訪し、その後中華街へと立ち寄る半日ツアーも提供しています。ホテルまでのお迎えサービスも付いているので安心ですよ。また、朝、水揚げされたばかりの魚のセリなどが見学できる、シドニー・フィッシュマーケットの舞台裏(!?)を知るツアー(SFM Behind the Scenes Tours)に参加するのも楽しいかも。ちょっと早起きして、セリ(オークション)の様子を見学したり、100種類以上の魚介類を見たり。オイスターの殻剥きや、サシミを作る様子などをガイドが案内してくれます。ツアーは朝6時40分~、所要時間は1時間~1時間30分。朝は得意!という方、早起きして参加してみてはいかが?

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

アンダーソン美都穂

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB