地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

JTB交流文化賞

  • トップページ
  • 受賞作品
  • 応募はこちら

交流文化賞 ジュニア体験部門

第11回 JTB交流文化賞 受賞・入選作品

小学生の部

入選

初めての二人きりの旅で

松本 智

わたしは、八月三日に北海道の釧路の祖父母に会いに行きました。今年は初めて、一年生の妹と二人だけで行きました。

東京から釧路までの飛行機に乗っていると中、ふしぎな事が起きました。何度も着陸態せいが出されたのです。「おかしいな」と思ったとき、キャビンアテンダントのお姉さんが来て、「あのね、飛行機はね、おびひろ空港に着いちゃったみたい」と言いました。そう言われたとき、わたしは心ぞうが口からとび出しそうでした。なぜかというと、「もし、このまま釧路に着けなかったらどうしよう」と思って心配になったからです。今回は二人だけだったからよけい心配でした。

やっとの事で着いた場所はおびひろ。「このままおいていかれたらどうしよう」と、わたしの心ぞうの音はよりはげしくなりました。

でも、飛行機からおりるとおじさんがすぐに来てくれ、ふだんは入れない特別な部屋で少し休けいさせてもらいました。そのあとも、バスに乗せてもらい、釧路まで送ってくれる事になりました。

そして夜の十時。釧路駅にバスが着きました。次つぎに親がむかえに来ます。ねむいわたしを起こしたのは、祖父母のえ顔。
「ともちゃん、心配したよ」
わたしは祖母とだき合い、とても安心しました。祖母に、バスの中で「いつものおみそしるが食べたいな」と思った事を話すと、おみそしるを作ってくれました。そのおみそしるは、なぜかとてもおいしかったです。夜中の十二時でしたが、ちっともねむくありませんでした。

今まで家族といっしょに旅行をしたときは、ただ楽しいという気持ちしかなかったけれど、今回の旅行で初めて、旅をするという事は、ちがう世界に行く事なんだと思いました。その世界には楽しいだけじゃなく、不安やドキドキする気持ちもありました。そしてそこから帰って来ると、ただのおみそしるがいつもよりとてもおいしく感じたのです。今回の旅行を通して、旅には、「当たり前の事がすばらしい」と感じさせる力がある事を発見しました。

受賞作品

  • 受賞地域のいま
  • 受賞地域の取り組み
  • 交流文化賞 組織・団体部門
  • 交流文化賞 一般体験部門
  • 交流文化賞 ジュニア体験部門

JTB地域交流プロジェクト

交流文化通信 colors

お問い合わせ先 JTB交流文化賞事務局(株式会社JTB総合研究所内) TEL.03(6722)0757(10:00〜17:30 土・日・祝日休み) FAX.03(6722)0753

facebook

国内旅行・海外旅行の予約はJTB