地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

JTB交流文化賞

第12回受賞作品発表

  • トップページ
  • 受賞作品
  • 応募はこちら

交流文化賞 ジュニア体験部門

第10回 JTB交流文化賞 受賞・入選作品

小学生の部

入選

「神戸・広島子供たちの旅」に参加して

黒川 哲義

僕は「神戸・広島子供たちの旅」というツアーに行ってきました。友達にさそわれて、「しんさいとはどんなことだろうか」、「原ばくとはなんだろうか」というきもちがわいてきたので、このツアーにいってみようとおもいました。

この旅で二人の方のお話を聞きました。一人目は神戸の古市さんというかたです。古市さんは、はんしん・あわじ大しんさいにあわれたかたで、そのころ、消防団をなさっていて、地いきの方々をきゅうじょなさったそうです。もう一人は広島の豊永さんというかたです。豊永さんは九才のころ寺に行くとちゅうの電車を待っているときにひばくなさったそうです。

僕は古市さんのお話しを聞いて「こわい」「悲しい」と思いました。でも、それを聞いて「しあわせ運べるように」という歌の見かたが変わりました。特に「地震にも負けない強い心を持って」のところが、本当にその通りだと思いました。なぜかというと、避難所の古市さんが、家族に前向きな事を言っていたからです。もう一つあります。古市さんがプロゴルファーになったことです。地震に負けていたら、なれなかったと思いました。

古市さんがこう言いました。

「地震が起きた時、人は三つの顔に分かれる。その顔とは、まず一つ自分の事しか考えない顔。二つ目の顔はボーッと見ている顔。三つ目は人を助ける顔です。」

たいていの人は一と二になってしまうそうです。僕には、むずかしいかも知れませんが少しでも人を助けたいです。

古市さんはしんさいが起きる前まで、「努力」が大切だと思っていたそうです。ですがしんさいが起こってから「感謝の心が大切」だと思ったそうです。僕はなにかふわふわしていますが、みんながいて、みんなに助けられてできることは、ありがたいと思います。

古市さんたちは、自分が「こわい」「悲しい」と思ったことまで話してくれました。だから、地震がおきたときにどうすればよいか、考えることができました。神戸の方々はとても優しかったです。その方々にお礼を言いたいです。ありがとうございました。

僕は豊永さんの話を聞いて「こわい」「かわいそう」と、思いました。また、資料室の赤い点々のできた人の写真や、やけどをした人の写真を思い出してとても怖かったです。けれど、それらを知って、もう二度とこんなことは起こって欲しくはないと思いました。

話の最後、豊永さんは「後世に伝えて下さい」とおっしゃいました。僕は、まず家族に話そうと思いました。けれど、悲しくて泣いてしまい、とちゅうから話せなくなりました。とにかく悲しくてこわいです。今の「平和」が大切だと思いました。豊永さん、お話を聞かせて下さって、ありがとうございました。

受賞作品

  • 受賞地域のいま
  • 受賞地域の取り組み
  • 交流文化賞 組織・団体部門
  • 交流文化賞 一般体験部門
  • 交流文化賞 ジュニア体験部門

JTB地域交流プロジェクト

交流文化通信 colors

お問い合わせ先 JTB交流文化賞事務局(株式会社JTB総合研究所内) TEL.03(6722)0757(10:00〜17:30 土・日・祝日休み) FAX.03(6722)0753

facebook

国内旅行・海外旅行の予約はJTB