地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

JTB交流文化賞

第12回受賞作品発表

  • トップページ
  • 受賞作品
  • 応募はこちら

交流文化賞 ジュニア体験部門

第9回 JTB交流文化賞 受賞・入選作品

小学生の部

優秀賞

ばくだんまめぶだ!じぇじぇじぇ

佐藤 優宙(ゆうき)

ぼくたち家ぞくは、朝ドラ「あまちゃん」でゆう名になった「まめぶ」を作る体けんをするために、岩手けんくじ市に行きました。まめぶは、くじ市の名ぶつりょうりです。朝ドラでは、あまいんだか、しょっぱいんだかわからないびみょうな味のたべものとしてでています。山の中にある「まめぶの家」で、まめぶのお母さんとアニキが、作り方を教えてくれました。

まめぶは、小麦粉にねっとうを少しずつくわえて、パンを作るようにきじをこねます。それを少しずつとって、うめぼしくらいの大きさの丸いだんごを作ります。アニキから、
「しわがあると、にた時にばくはつし、あまいんだか、しょっぱいんだかわからないまめぶ汁が、ただのあまったるい汁になるから、きれいに丸めてね。」
と言われました。ぼくは、いっしょうけんめいに丸めましたが、きじが手にくっついて、めちゃくちゃになってしまいました。びっくりして、朝ドラではやっている「じぇじぇじぇ」と言ったら、みんなに大わらいされました。まめぶは、それからだんごのまん中を親ゆびでつぶし、そこに黒ざとうとクルミを入れて、またきれいに丸めます。やさいがいっぱい入ったしょっぱい汁にまめぶを入れて、でき上がりです。

ぼくとお兄ちゃんは、「ばくだんだ」とふざけながら、大きなまめぶを作りました。それを見たアニキが、
「じゃじゃじゃ。おもしろいなあ。新しい名ぶつになるかもしれない。」
と言いました。「じゃじゃじゃ」は、くじ市の山の方で、「じぇじぇじぇ」のかわりにびっくりした時につかうことばだそうです。ぼくたちの「ばくだんまめぶ」が、本当にくじ市の名ぶつになったら、すごいなと思いました。

さいごに、家ぞくみんなで、まめぶ汁をたべました。びみょうな味ではなく、たいへんおいしかったです。まめぶはもちもちとしていて、かむと中からあまい黒ざとうがトロリとでてきます。まめぶの中にあるクルミいっしょになると、とてもおいしくなります。

ぼくたちが作ったばくだんまめぶは、ふつうのまめぶよりかみごたえがあって、中の黒ざとうとクルミもたくさん入っていたので、おいしさは2倍になりました。

しょっぱい汁は、あまいまめぶをたべた後にのむと、とてもおいしくなります。まめぶのお母さんが育てたやさいは、どれもあまくて、おいしかったです。

ぼくは、おいしくて、3ばいもおかわりをしました。お父さん、お母さん、お兄ちゃんも何ばいもおかわりをしました。とてもおいしいまめぶ汁でした。

まめぶの家の人たちともなかよくなり、とてもたのしいたびでした。

あらましと評価のポイント

●東北の海女を主人公にした某TVドラマで有名になった「まめぶ汁」を作る体験をした筆者。小麦粉を練ってばくだんのように大きなまめぶを作り、皆で大笑い。家族一緒に食べる味はとてもおいしく、何杯もおかわりをした。
●自分が楽しく体験したことがイキイキと描かれており、読んでいて楽しくなってくる。男の子の素直な元気さがそのまま伝わってくる作品。

受賞作品

  • 受賞地域のいま
  • 受賞地域の取り組み
  • 交流文化賞 組織・団体部門
  • 交流文化賞 一般体験部門
  • 交流文化賞 ジュニア体験部門

JTB地域交流プロジェクト

交流文化通信 colors

お問い合わせ先 JTB交流文化賞事務局(株式会社JTB総合研究所内) TEL.03(6722)0757(10:00〜17:30 土・日・祝日休み) FAX.03(6722)0753

facebook

国内旅行・海外旅行の予約はJTB