地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

JTB 地域交流プロジェクト

事例紹介

北海道

6次産業化

北海道酒遊記 パ酒ポート

JTB北海道

前例のない三業界のコラボを実現。酒造所巡りのスタンプラリーを通じて、道産酒への理解促進と地域活性化を支援。

北海道酒遊記 パ酒ポート

ページのトップへ戻る

取り組み背景

北海道には多くの酒蔵・ワイナリーなどがあるが、道内の酒消費における地元産のシェアは近年落ち込むいっぽうであり、全国で最も低いレベルに達していた。こうした状況の中、道産酒の地元消費拡大のため、道民へのさらなる認知度向上施策が求められていた。

ページのトップへ戻る

取り組み内容

平成23年11月、道内の清酒・ワイン・ビールという三業界によって、北海道広域道産酒協議会が設立。「道産酒」×「地域の食」×「ツーリズム」をコラボレートさせ、道産酒の消費拡大と活性化施策を展開しました。

具体的施策

  • ・「パ酒ポート」というパスポートをもじった道産酒情報スタンプラリー帳を製作。これまでに6,000部を販売。
  • ・道内の酒蔵・ワイナリー・ブルワリー等を巡ることで、道産酒に対する理解を深めてもらう仕掛けを実施。
  • ・「ぐるなび北海道」とタイアップし、パ酒ポート提示で特典を受けられる特約飲食店を展開するなど、道産酒の販路拡大・消費促進施策も実施。
詳しい活動内容はこちら

ページのトップへ戻る

貢献・効果

JTB北海道は、清酒・ワイン・ビールの三業界をとりまとめ、北海道広域道産酒協議会を設立。道産酒への理解促進とスタンプラリーの盛り上がりによって、地域活性化にも貢献しています。

ページのトップへ戻る

事例一覧へ

お問合せ JTB国内事業本部 法人事業部 観光戦略チーム

メールフォームへ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB